NHK困るセンター

友人である内野光子さんのプログを、ときどき覗きます。内野さんは知る人ぞ知る硬派の歌人・短歌評論家で、『天皇制と短歌』など、切りこみにくいテーマを丹念に資料で追求する仕事をなさっています。プログは、そんな短歌評論や関わっている地域の問題が中心で、いつもなかなか歯ごたえがあります。


今日も細かい字がぎっしりと並んだ画面を、目をしょぼしょぼさせながら眺めていたのですが、ふと三日前の九月十日付け日記「やっぱりおかしいNHK・・・」が目にとまりました。


で、、、大爆笑!!! 


以下に、ちょこっとさわりの部分をコピペしておきますので、笑いたい方は、内野さんのプログへどうぞ。

http://dmituko.cocolog-nifty.com/utino/



ことの始まりは、七時のニュースで自民党総裁選挙戦をえんえんと流すので、意見をすべくコールセンターに、電話をしたんですナ。



***************

・総裁選のニュースをあれほどまでに、長く丁寧に流す目的は何ですか。

 「はいはいはい、そんなことはっきりしてますよ、そんなことも分からないですか。わははは・・・。自民党のコマーシャルですよ」

 (ここで、これって、NHKのひと?耳を疑ったのだが、)

・はいはいはい、は止めてください。なぜNHKがコマーシャルをするのか。

 「必要だからですよ。必要だから」

・なぜ必要なのか。

「国民の関心が高いから。これはNHKの世論調査でもはっきりしてます。それに」

世論調査の人気や関心だけで、番組が決まるのか。NHKの公共放送としての見識はないのか。

「人気でなく、関心ですよ。お客さん間違っては困る。わははは・・・」

・笑いごとではない。

「世の中明るくいきましょう」


**************